勉強

小論文を書く時にはテーマの意味を理解しておきましょう

就職にとても有利

男子学生

大学は、学術的・理論的な学問を学ぶことができ、卒業するには4年間必要です。高校までとは違い、自分好みの時間割を作ることができるので、授業がない時にはアルバイトをすることも可能です。比較的余裕をもって勉強をすることができるので、毎年多くの人が受験しているでしょう。短期大学は大学と同じように幅広い教養を身につけるだけではなく、職業や実際の生活に役立つ能力も学ぶことができる教育機関になっています。2年で卒業することができるので、卒業後はすぐに働くことも可能です。しかし短期間で教養科目と専門科目の両方を学ぶため、学生生活がとても忙しくなります。実習時間も多くなるため、短期間で知識や技術を学ぶことが可能です。短期大学は短期集中で資格を取得することも可能なので、資格を活かしてすぐ就職することができるでしょう。短期大学は専門学校と似ていますが、卒業者には短期大学士の学位が与えられるので、就職にもとても有利です。短期大学卒業後そのまま4年大学に編入することができるので、専門科目をさらに深く学びたい人は行きたい大学を自由に選ぶことが可能でしょう。入学する方法は大学と全く同じで、センター試験を受ける必要があります。高校卒業後、短期大学に進学を考えている人はAO推薦入試を受けることができるので、通っている高校の先生に問い合わせてみると良いかもしれません。短期大学には、様々な免除制度があり、成績優遇者には学生割引を行っている学校もあるのでしっかり確認しておくことが大切です。