勉強

小論文を書く時にはテーマの意味を理解しておきましょう

仕組みを知ることが大切

教材

初めて大学入試を受験する人は、仕組みを理解しておくことが大切です。大学入試は一般的にセンター試験と呼ばれていて、大学入試センターが実施している試験になっています。試験は毎年1月中旬の二日間、全国で一斉に実施されていて、50万人以上が受験する日本で一番大規模の試験です。大学入学をする場合には推薦と一般の2種類ありますが、一般では原則として大学入試(センター試験)を受けなければなりません。試験に出題される科目は全部で6科目になっていて全部の合計点数で合否が決まります。受ける大学や専攻によって合格基準は違いますが、受験者数が多くなると偏差値が上がり、合格基準ラインも高くなってしまいます。大学入試を受験する時には、不得意の科目でも高得点を取る必要があるので試験対策をしっかり行うことが大切です。試験はほとんどがマークシートになっていますが、専攻によっては筆記試験があります。外国語を専攻している人は、英語で小論文を提出しなければなりませんが、早めに準備をしておくとスムーズに記入することができるでしょう。
大学入試は、2回チャンスがあります。1回目の試験で合格することができなかった人は、最終で再度受験することが可能です。私立と国立の大学で合否の判定方法が全く違うので、事前に調べておくと気持ちに余裕をもって受験に挑むことができるでしょう。大学を選ぶ時には、自分が何を学びたいのかを明確にしておくことが大切です。オープンキャンパスに行くことで、学生から話を聞くことができ、多くの情報を得ることができるでしょう。オープンキャンパスに行く機会がある人は、大学の事務員に大学入試に関することを聞くことができるので、積極的に利用しましょう。